Sowaji-Club

そわじ浦海岸友好クラブ  http://maps.google.co.jp/maps?ll=37.138493,137.017107&spn=0.015730,0.029476&hl=ja

土曜日, 7月 30, 2005

イルカ

2005年6月中頃、そわじ浜を朝6時」50分に出ました。風はなく波も有りませんでした。5分もすると

大きな「イルカ」3頭が追いかけて来ました。早朝の海上はおだやかでイルカとの会話は充分に出来ました。目的(釣り)が有ったので10分程でしたがすばらしい出会いでした。

能舞台

魚組のヒラマサです。
よろしくお願いします。
パノラマ写真が、綺麗ですね!(よく見ると手張り? アナログ的でいいね)

海面に出た能舞台、いつかイベントに使ってみたいなぁ。
というより、能舞台で皆さんが秘めた芸をアピールするところを見たいなあ。
もうちょっとエネルギーの充電が必要かな?
そのうちね。

日曜日, 7月 24, 2005

パノラマ




土曜日, 7月 23, 2005

会員の皆様へ

投稿するには

http://www.blogger.com/home

から、ユーザーID、パスワードを入力すると、Sowaji-Club の投稿欄に出ます。

金曜日, 7月 22, 2005

夜のカヤッキング

ホタルです。よろしくお願いします。
皆さん、夜、カヤックを漕いだことありますか?
そわじ浦の近くには、民家が無いので、さぞ暗いと思うでしょ。
そのおかげで、晴れていると、星がスゴインデス。満天の星空というけど、ホントマジ星でイッパイ。
月明かりで、十分辺りが見えるんです。
しかも、パドルに夜光虫がキラキラ光って、もう夢の世界! どこかイッチャイソー!
チョーおすすめ。

では、また。

おめでとうございます

Sowaji-Club 開設、おめでとうございます!

親子3人でしょっちゅう来てます。
いつ来ても穏やかで、本当に良いところですね。
浜辺もづっと浅いので、子供を安心して遊ばせます。
そわじ浦は、ちょうど袋状になっていて、右側の岬みたいに出ている岩を過ぎると、一機に海が広がって、わくわくしますよね。
反対に帰ってくると、ホットするのは私だけでしょうか?

火曜日, 7月 19, 2005

沈した日

あれは去年の5月の連休、
Solsaを始めて海に浮かべた日、
その日はだれもいなかったが、早く乗ってみたくて、
風は強かったが、怖さを知らなかったので、とりあえず船出した。
後から考えると、乱気流が舞っており、沖には白波が立っていたのだった。
浦の真ん中あたりで、突風を受けて、あれよという間に沈した。
沈した時の対処法は、マニュアルで知っていたが、いきなりそれを実践するこになるとは。
水は冷たそうだったので、ウエットスーツを着ているし、ライジャケも着けていたので、落ち着いて実践した。やっと起こして、乗り込んで、またすぐに、沈。
後でサブローさんに教えてもらったのだが、突風を受けた時には、帆を操作するロープを手放して、風を完全に逃がさなければいけなかったのだ。
ロープの端に結び目を付けて、抜け止めにしてせいで、4回連続沈した。
経験が無いと、こうなる羽目に。、、
おかげで起こせる自信もついたが、怖さを知ってからは沈はしていない。し、回を重ねて、風も少しづつ読めるようになってきた。


先人に学び、経験を積んで、楽しくあそびましょう。

月曜日, 7月 18, 2005

マイ ヨット


私の愛用ヨットは、Escape社 のセイルボート Solsa です。
車に乗せられる位のサイズ。
2人乗りの小型ディンギーですが、とってもイージーでかつ安全に設計されています。
メールオーダーで取り寄せました。

そわじ浦は、穴水湾内にあるので、外洋と違って、ある意味気が楽です。
しかし、複雑な地形のせいで、風が読みにくいので、ノンビリと、というわけにも
いかないので、とても乗った気がします。
目標地点もたくさん設定できるし、眺めも刻々と変わるので、飽きずに通っています。

ヨットの良さは、その不自由さにあると思います。
先ず,風の力だけを動力源にした原始性にあり、
全てを、だれにもたよることなく自分自身の判断で、
そして操船の工夫次第でどこへでも行けるという、
いくら考えても理解できない不思議さにあります。

一番怖いのは、凪です。
次に、突風、
三に、横波、
四に、追い風、
五に、他船。

会員募集中

会員を募集しております。
賛同される方は、

sowaji@jyu-jiro.com

まで、ご連絡ください。

今日は海の日

昨日から梅雨明けの兆し、
台風のせいか、少し風が強いが
そわじ に行こうと思って、ヨットを点検、
舵の留め金のパーツが破損していて、断念、
5月の連休に、重蛇島の岩場に乗り上げたのが原因か。

「島に上陸するときは、風下側から」、と言う原則を知らなくて
風上に向かって、岩だらけの離岸で思いっきり苦労したことを
思い出す。傷ついたのは船底だけではなかったのか。

舵が壊れては、操船不可能、
安全第一と思い、
スナップワッシャーの適合品を求めて、さ迷い歩く。

工具も買って、やっと交換、半日を費やした。
これでOK。

Sowaji-Club を開設しました

そわじ浦海岸 友好利用のため、会員の情報交換、親睦のためのブログです。

どれだけ素敵な所か、多くの人に知ってもらうために盛り上がりましょう。

場所は、石川県、七尾市、能登島

http://maps.google.co.jp/maps?ll=37.139519,137.018051
&spn=0.015665,0.021119&hl=ja


島の中ではめずらしく、コンクリート護岸が施されていない、天然の砂浜です。
かつては海水浴場として人気がありましたが、近くに新しい海水浴場ができてから、人影はまばらになってしまいました。今はシーカヤッキングの初心者でも、安心して漕げるスポットとして人気が高まってきています。手の付けられていない自然環境を、タップリ楽しめます。
海の中になぜか、石舞台が突き出していて、コンサートを開いたり、海の中を観察したり、
特に、春から秋には、海ホタルがたくさん点滅するのが見られます。

駐車場(砂浜)からすぐに、カヤックを漕ぎ出せるのでトッテモ重宝。
トイレ、シャワーも完備しているのでキャンプにもってこい。

隣の入り江には、野生のイルカが年中生息しているし、
ウグイスの声を聞きながらのカヤッキング、海上で蝶と出会って、アレッと思うし、
能登半島に沈む夕日が海面に映える様など
、、、、、、

こんな貴重な自然を、一人でも多くの人に伝え、共有し、保全していきたい。


メンバーの募集を開始します。

希望者は、sowaji@jyu-jiro.com まで。    ID,パスワードを発行します。