Sowaji-Club

そわじ浦海岸友好クラブ  http://maps.google.co.jp/maps?ll=37.138493,137.017107&spn=0.015730,0.029476&hl=ja

水曜日, 9月 21, 2005

セールの膨らみについて

これまで、セールの風を受ける面の違いで、なんとなく進むスピードが違うなと感じていたが、今回、はっきりした。

Solsa はブームをセールの一番下ではなく、途中に取り付ける。
ブームの渡っている面に風を受けると、セールは障害なく膨らみ、反対側から風を受けるとブームが邪魔をして、ブームから上しか膨らまない。
揚力が違ってしまうので、スピードに影響するのだ。
また、
ブームの長さを加減できるようになっていて、セールの膨らみを、調節できることに、やっと気がついた。
以前から、膨らみの強さが、走りにどう影響するのか、気になっていたのだが、今回、強風に遭遇して、気がつかされた。

前日は微風だったので、ブームを緩めて、セールをメいっぱ膨らませていたのを、そのままで、ブローに出くわした。

風上に向かって、そろりと走りたいのだが、シバーリングから軽く風を受けさせて走ろうにも、シバーの次の瞬間セールに目いっぱい風を受けてしまい、現在の技量ではコントロールできなくなった。
つまり、風方向に舵を切ろうとしても、風を逃がせないので、船が大きく傾いて、舵が浮き上がってしまい、風を交わしきれなくなって、ついに沈してしまった。

風の強い時は、セールを薄くしておくと、走り易いということか。

風の強さや方向を判断して、ブームの取り付け方向や、長さを調節することがとても大切なことと判り、とても良い経験になった。

経験を重ねて、スキルアップし、多少の強風でも走れるようになりたい。